講演依頼で幅広い理解~特殊なエピソードを講演!~

技術を学ぶ

企業における教育訓練による社内講習の必要性

企業では、組織内における人的資源開発によって、組織の構成員や、チームなどに属するメンバーに対し、企業の将来に向けて必要とされる知識や、技能を高めるための教育訓練が必要です。この教育訓練によって、社会経済の変化や、技術開発などのあり方に柔軟に対応できるスキルが身に付くことになります。しかし、教育訓練は、単一に終わるのではなく、継続的に行う必要があります。その教育訓練には、社内講習を挙げることができますが、その際、外部講師を派遣されることによって、偏りのない知識の習得が可能となります。外部講師には、企業の営業種目に関連するものだけではなく、メンタルヘルスにも配慮して、組織の構成員のストレス解消につながるものと、多岐に渡るものとなります。企業の人的資源管理を行う責任者は、このような点に配慮した講師派遣を行う必要があります。そのことで、適切な社内講習による教育訓練が充実したものとなります。

上手なトークの中での人的資源開発の実践

外部から派遣された講師は、様々な企業で講習を行っているため、トークに長けた講師が多く存在しています。その講師派遣の専門会社もあり、希望する教育訓練の内容を伝えることで、派遣会社から要望に応じた講師が派遣されることになります。一般的に、企業は、組織の構成員に求める能力として、課題設定能力、職務遂行能力、対人能力、問題解決能力の四つの能力を必要とするとされています。このような能力を習得させるためのサポートとして、社内講習のOFF−JTとして行うことで、企業の要望する組織の構成員が養成されます。ただ、難解な用語について説明するのではなく、身近にあった出来事などを例に挙げたわかりやすいトーク形式による講習によって、講師が伝えたいことがスムーズに伝達することが可能になります。そして、人気のある講師による講習によって、必要な事項が組織の構成員全体に共有することが図られますので、企業にとっても、様々な相乗効果が期待できます。